ニートパパが億稼ぐ

ニートだけど億稼ぐ。そんな道のりを綴ります。

ドル円は下降トレンドと考える。その根拠は?※2021年1月13日段階

まずはこちらのツイートをご覧ください。

 

 

 

的中。自分が怖い(笑)

 

 

ポンド円の上昇も的中させたわけなのですが、どうしてこれらが可能になったのか。この記事では只野の環境認識について解説していきます。はっきり言って、簡単です。必見!ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

参考にしている移動平均線

私が表示させているのは21SMAと105SMAです。日足で環境認識をします。

 

特に根拠はないのですが、21SMAはよく使用されているらしいということ。

 

そして105は「21×5」で5日分。つまり、日足ローソクに週足の21SMAを表示させているわけです。移動平均線はあくまでも目安。下向きなら「下降だなぁ」程度にしか見ていません。

 

もっと大事なのは高値と安値です。

 

高値と安値。トレンドの見方。

どこで波が止められたのか。これに注目しています。もう少し具体的に言うと、陽線が陰線に切り替わり、陰線が続いたところ。陰線が陽線に切り替わり、陽線が続いたところ。

 

実際のチャートで見ていきましょう。

 


f:id:neetpapa0123:20210113050934j:image

 

①9月21日に104円でサポート。ここから上昇

②10月8日に106円という高値をつけて、下降開始。

③この下降が継続し、11月5日の陰線で104円を下抜け。

④11月9日。強い陽線が発生。一気に105.6まで戻す。106円までは届かない。

⑤105.6でレジスタンス。下降開始。12月17日に104円を下抜け。安値更新。

⑥さらに1月5日に安値更新。104.5まで上昇。

 

と、ここまで流れから、ドル円は下降トレンドであることが判断できるわけです。

 

そして今頭を抑えられているのが104.5。

 

これは105.5からの下降で作った安値102.6。この戻り目61.8%が104.5なのです。当然意識されますよね。

 


f:id:neetpapa0123:20210113050950j:image

 

そして上昇が終了。レンジを形成していました。

 

これは下落が予想できますよね。実は私、メインで使っているGMO証券以外にヒロセ通称で口座を持っており、104.2からショートでエントリーしています。現在+40pip。これはスイングでキープしておこうと思います。

 


f:id:neetpapa0123:20210113051013j:image

 

まとめ

 

只野の環境認識の仕方が伝わりましたか?まだまだ精査すべきところはあるとは思いますが、今できる限りまとめたつもりです。

 

こんな記事ですが、読んでくださりありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。